最新REITチャート~利回りチェック

東証REIT指数株価チャートについて今最新に情報を掲載 - 米国で誕生した投資信託がREIT

米国で誕生した投資信託がREIT

REITって何ですか?
REITとは不動産の投資信託のことです。
1960年代に米国で誕生しました。
そして1990年代頃から飛躍的な拡大をみせたのです。
日本国内では2000年に投資信託及び投資法人に関する法律が改正されてREITが本格的に登場してきました。
翌年からREITは日本のマーケットに進出してきました。
けれども仕組みは米国のものとは変わっており日本独特のものでした。
こういった背景があるのでREITはJREITとのよばれ日本独自のREITとして展開されてきます。
最近のREITの時価総額は5兆7千億円ほどになっています。
投資家からも大きな支持をえています。
REITは資金を集めて不動産を運用するために設立されました。
投資会社は不動産を運用して獲得した家賃収入を投資家に分配するシステムです。
REITは配当可能利益の9割を越える分を分配した場合に法人税が免除されるという優遇措置があります。
REITは不動産そのものの開発をすることはありまsねん。
不動産の賃貸事業だけに特化しているのが特徴です。
だからリスクも少なくて安定性があるのが人気です。
それだけ分配金も期待できるのです。
REITは証券市場に上場していますから、興味がある投資家は証券会社経由で市場価格で取引します。

マーケットのニーズで変動

マーケットのニーズによって大きく変動することもあります。
大勢の投資家たちから集めた資金でマンション・商業施設・オフィスビルなどの複数の不動産をREIT商品で購入できるわけです。
家賃収入や売買益を投資家に分配する不動産の商品です。
法律上は投資信託のひとつです。
JREITは東京証券取引所に上場されています。
JREITは不動産投資法人の形態をとり投資証券を発行します。
REITに投資する投資家は、その投資証券を購入してその資金で不動産へ投資していることになっているわけです。
JREITの場合は投資法人債を発行したりして資金を集めることもあります。

REIT関連のブログを参考

不動産投資信託REITをする場合には売買のタイミングが気になるのは一般的な株式投資と同じです。
投資関連のブログなどでノウハウが紹介されていたりします。
REITは短期売買で儲けるようなデートレイドとは全くことなります。
基本的には長期保有で資産を増やすことを目的にしている金融商品です。
投資信託で長期的に保有しているユーザーならばREIT商品が最適な金融商品であるのは理解できるでしょう。
投資判断の基準が分かっていればデイトレードになれている人ならばREITはとっつきやすいでしょう。
株式はその会社の事業そのものにマイナス要素がなくても一年の間には下がる時期があります。
それはREIT商品でも同じです。
例えば配当権利落ちをした直後は下落するのはセオリーになっています。
投資家は権利を受けるために権利付売買最終日に株式を購入しなければならないからです。

権利付売買最終日

REIT商品の場合は基準日の4日前までに購入しておかないと分売金を貰える資格がありません。
権利付売買最終日を逃がしてしまった場合は権利落ちになってしまいます。
その日にREIT商品を購入しても実際には下落することになるでしょう。
REITに投資する人達は分配金よりも売買益で儲けようとする人が意外と多いです。
REIT商品の売買のタイミングは株価が上がりやすい時期です。
優良な企業の場合は決算時期や中間決算時期になりますから、そのタイミングでREITを売買することがポイントです。
保有しているREITのチャートやウオッチしておき売りのタイミングを見逃さないようにしましょう。
基本的には長期保有がベースになる金融商品です。
油断大敵で売買のタイミングを過信してはいけません。
REITの人気が高くなればなるほど株価の値動きは激しくなります。
利回りの変動なども注視しておきまそゆ。
投資会社が所有している物件そのものも優良かどうかも大切な判断基準です。
健全な運営が健全であることは投資の前提条件です。
メリットだけで踊らされないようにしっかりと勉強しましょう。

Copyright(C)2014 最新REITチャート~利回りチェック All Rights Reserved.