最新REITチャート~利回りチェック

東証REIT指数株価チャートについて今最新に情報を掲載 - 不動産投資信託REITの下落傾向

不動産投資信託REITの下落傾向

不動産投資信託REITの下落傾向
不動産投資信託REITは下落傾向にあります。
その動きは注目されているのですが下落する理由があります。
まずは不動産取得の過当競争があげられるでしょう。
激しい競争の結果がREITにも直接影響がきています。
REIT指数の下落をしっかり見極めれば不動産を売却することで会社は本業部門を強化できるチャンスがあります。
REITを運用している人達は、ロケーションなどの立地条件が良い不動産物件は極めて限定的であることに直面しています。
取得するのは極めて難しいと判断しているのです。
最寄り駅から距離がある競争率が低い物件はREIT商品であっても購入をさける傾向があります。
不動産の取引対象になる物件の選別はシビアです。
REIT商品は不動産の取得競争が激化することでマーケットも活発になります。
REIT指数の下落は目立つのですが、その一方で配当金には不動産売却益もしっかりと含まれていることを見逃してはいけません。
REITには家賃収入が大きなウエイトを占めています。
REITが下落しているのは、不動産の取得競争が激しくなり含み損が発生しているからに他なりません。
家賃収入が充分に得られないとREITの下落を招くのです。
近頃ではREIT購入日を日銀が発表したりします。
ETFと比較した場合には購入する資金余力が限定的なのがネックです。
将来的にREITの購入枠を増やさない限りはREITは下落してしまうからその対応策に注目が集まっています。
大雑把にみると軟調傾向です。
トータルの値動き指数は2割程度下落しています。
国債の利回りが上昇して保有債券価格が下落してしまい損失がでているから――これもREITが下落した要因です。
また金融機関などが利益確定売りに走っていることもREIT下落の理由です。
それ以外にはREITの分配金利回りの優位性が相対的に悪くなっていることもあります。
日銀がREITを買い入れる枠の残が少なくなっていることも要因です。
これからも債券市場の短期的な動きに影響があるかもしれません。
REIT商品はもともと金利上昇やインフレに強い金融商品でした。
保有不動産の理論売却価値に連動するような動きをしていたはずです。
不動産価格や家賃収入が増加して債券市場が安定してくればREITの下落はなくなると思います。

関連記事

Copyright(C)2014 最新REITチャート~利回りチェック All Rights Reserved.