最新REITチャート~利回りチェック

東証REIT指数株価チャートについて今最新に情報を掲載 - 国債の利回りと比較

国債の利回りと比較

REIT(不動産投資信託)の利回りについて
REIT(不動産投資信託)などの金融商品の購入を検討するときの判断基準のひとつが<利回り>です。
REITは利回りが他商品と比較すると高めになっているので魅力的で人気がある投資商品でしょう。
データをみて株式や国債の利回りと比較すればご納得いただけるでしょう。
REITは不動産の家賃収入が主な収益の原資です。
利回りが高いならば賃貸住宅で毎月の家賃を払っていることを考えると理解しやすいです。
不動産を持っている人は空室が多くなると家賃収入が減ります。
REITによって多くの不動産に投資すれば空室のリスクは回避できます。
こういったことからREIT分配金は比較的安定しており利回りが高くなります。
不動産投資を目的とした法人には優遇措置もあり分配金の利回りも有利になります。
一定の条件をクリアすれば法人税が免除されるからです。
REITは賃貸ビルなどを保有している法人組織で、不動産売買や家賃収入で運営しています。
賃貸をする不動産に関してメンテナンス費用を負担しなければならないので経費が発生します。
家賃収入から必要経費を引いた利益部分の90%以上を投資家に分配すれば法人税が免除されます。
税金を引かれる前の利益を分配金として貰えるので投資家には魅力的です。
一般的な企業の株主は法人税を支払ったあとで配当を受取ますがREITの投資家は法人税が引かれないのです。
税金は引かれずに利益の配分を高い利回りで受け取れるのですから人気がでるのも頷けます。
REITは元来安定的に高水準の分配金を配分できることを目的でシステム構築されていますから当然実際の利回りは他の金融商品よりも有利です。
売買をくり返しても無駄な手数料や税金もかかりません。
気をつけなければならないのは大幅に価格変動があった場合です。
基本的なスタンスとして値下がりはスルーするといいでしょう。
利回り4%程度のREITで1000万円を投資したとしましょう。
値下がりしても年間40万円相当の配当を受けることができるのですから旨みのある投資ではないでしょうか?

  ← 前の記事:
  
:次の記事 →
Copyright(C)2014 最新REITチャート~利回りチェック All Rights Reserved.