最新REITチャート~利回りチェック

東証REIT指数株価チャートについて今最新に情報を掲載 - 今後どのようになるのでしょうか?

今後どのようになるのでしょうか?

REIT(不動産投資信託)は今後どのようになるのでしょうか?
REIT(不動産投資信託)は不動産投資をする会社が投資家から資金を集めて、その資金を使って不動産を購入して運用する投資商品です。
不動産物件の売買益や家賃収入を成功報酬として投資家に分配する仕組みです。
株式に例えると分かりやすいでしょう。
REITでは株価に該当するのが投資口価格になります。
配当金に該当するのが分配金です。
REIT投資では投資口価格が上昇することによって分配金や売買差益の両方が期待できます。
どうしてこれほどもまでREIT投資が人気なのでしょうか?
それは分配金利回りが他の金融商品と比較した場合とても高いからです。
そして管理費などの必要経費を除外した収益部分の9割超を分配すれば法人税が課税されないメリットがあります。
特典があるREITは注目されて当然な投資消費だと言えるでしょう。
商品によってことなりますが一般的には半年ごとの決算によって収益の大部分が分配金になります。
その結果分配金の利回りが高い水準になります。
日本のREIT市場でも東京証券取引所では39の銘柄が上場されていて増加傾向にあります。
REIT商品全体の値動きを判断する東証リート指数もここ1年は34パーセント程度の上昇です。
直近3カ月では53パーセント近くも上昇しているのです
リーマンショック以降、低迷していた相場が一挙に上昇に転じています。
その理由としては不動産の需給関係のバランスが改善していることです。
オフィス2012年問題などで大量供給状態が緩和し下落基調になってからREITが投資目的として注目さらたのです。
オフィス稼働率が底打ちしたと判断をして移転ニーズの固まりも加速した原因です。
もちろんアベノミクスによる景気改善効果は大きな追い風になっていあmす。
デフレからの脱却を目指す政府は不同意さん価格の家賃相場の上昇を期待させてくれます。
市場からのREIT買い入れを継続しそうな金融緩和策も日銀がとっているのも期待感があります。
為替相場では円安進行ですから日本の不動産価格は割安感もあり海外投資家も積極的にREITを購入しています。

  ← 前の記事:
  
Copyright(C)2014 最新REITチャート~利回りチェック All Rights Reserved.