最新REITチャート~利回りチェック

東証REIT指数株価チャートについて今最新に情報を掲載 - 夏以降には反転するかも

夏以降には反転するかも

REIT(不動産投資信託)の調整
REIT(不動産投資信託)は人気がある金融商品のひとつです。
REIT相場は最近調整局面に入っているように感じます。
順調に成長してきたREITですが近頃は軟調になっています。
昨年度は850で今年は1700を越えたこともあるREIT指数。
現在は1400程度になっており、さらに調整が進みそうな気配で投資家達はその動向を注視しています。
夏以降には反転するかもしれないという意見もあり調整幅は注目の的です。
問題になってくるのは参議院選挙と年金引き下げ問題です。
これがどうなるかによってREIT相場に影響があるでしょう。
政府与党がどのように乗り切るのかも大きく左右します。
政局が盤石でないと景気回復の期待はできません。
REIT指数が1500を越えるのは誰も予想していませんでした。
過熱感がありすごたので調整局面に入ったのです。
このたびのREIT調整が関係しているのは株式マーケットへの資金が流失したことと、円安傾向が一段落したことdせう。
これによって海外投資家の購買意欲にストップがかかったからでしょう。
退職金をREITに投資した人の中には2割程度の落ち込みになった人もいます。
けれどもREITの調整があっても長期的に見なければなりません。
一喜一憂することなく長期展望を考えることが大切ですが、金利の上昇が懸念材料でもあります。
REITに関しては残りの売買額が40億程度になっているので少々買いすぎではないかと思います。
日銀の会合でREITをさらに積み増しするという決断を下すかもしれません。
日銀でREITを132億購入しましたから年内は残り40億になります。
偏りがある傾向であるのは否定できません。
REIT指数とともに長期金利の上昇も大きなテーマです。
東証リート指数は下落する局面はありましたがが、1400ポイント台に戻してきています。
引けにかけてはREITが売り優勢になりますから調整がありそうな感じです。
REITは調整続きですが、あまり業績に左右されることなく売られるケースでは絶好の買い場でもあるのです。
REIT商品が買われすぎていても適正水準まで調整されるのはセオリーですから、さほどの心配はないと考えられます。

  ← 前の記事:
  
:次の記事 →
Copyright(C)2014 最新REITチャート~利回りチェック All Rights Reserved.